突然のことに焦ることがないように葬儀の準備と通夜・告別式の全体の流れを把握しておくことは必要です。

故人との思い出 葬儀での通夜の在り方

葬儀の準備と通夜の流れ

死亡が確定したら、悲しみを乗り越えて葬儀の準備に入らないとなりません。時間はあまりありません。最初に喪主を決めなくてはなりません。故人にもっとも縁の深かった人がつとめるのが一般的です。葬儀後も年忌法要などの供養を行なえる人がいいでしよう。喪主や遺族は弔問客を接待し、常に故人に付き添わなければなりません。葬儀の事務や進行を受け持ってもらう世話役の人を早急に決め、どこの葬儀社に依頼するか、葬儀のレベルをどの程度にするか予算枠などについても喪主や世話役、親族が早急に話し合い決定しなければなりません。葬儀のレベルはピンからキリまであるので、出せる予算で盛大にもできるし質素にもできます。あくまでも故人を中心に近親者でよく相談して葬儀の形式を決めるとよいでしょう。

通夜当日は、喪主や遺族は早めに身なりを整え、僧侶や葬儀社と打合せて供花や供物の順位を確認します。喪主を筆頭に祭壇に向かって右側に並び、弔問を受けます。通夜の始まる1時間前から受付が開始されます。受付で香典を受領し同時に会葬のお礼品と礼状を手渡します。通夜は僧侶の入場、読経、僧侶による法話、僧侶の退場、葬儀委員長の挨拶、参列者の焼香といった順に行われるのが一般的です。終了後は通夜振る舞いという、故人と親しかった人が集まって食事をする席を設けます。これは故人の供養というばかりではなく、弔問客へのお礼とお清めの意味が込められているそうです。

関連サイト

Copyright (C)2019故人との思い出 葬儀での通夜の在り方.All rights reserved.