葬儀や通夜のせきでの、知らなければ恥をかいてしまう事もあるマナーなどについて書いてある記事です。

故人との思い出 葬儀での通夜の在り方

通夜や葬儀の席でのマナーや対応について

通夜や葬儀に参列する際に、服装や振る舞いなど最低限のマナーを身につけておかなければ遺族の方々に対して失礼にあたる可能性があります。ですので御遺族の方々への配慮として最低限のマナーは身につけて参列するべきだと思います。私自身そういった機会がほとんどなく大人になってしまい恥をかいてしまった事があります。そういった思いをされないためにマナーの事を書いて行こうと思います。まず葬儀に参列する際に、「葬儀の種類」というのをまず知っておかなければなりません。参列者は葬儀の流れを細かく知っておく必要はありませんが、ある程度の流れをつかんでおく必要があります。ここで通夜の事について書いていきます。通夜とは遺族や親しい間柄の人が御遺体と過ごす事によって故人の霊をなぐさめ、邪霊の侵入を防ぐためにと一晩中明りを灯し、お香を絶やさずに行う儀式なのですが、最近では1〜3時間で終わらせる半通夜が増えてきています。通夜に参列した場合御遺族の方々にお悔やみの言葉を述べた後、香典を祭壇に表側を正面にして添えます。葬儀や告別式に参列できない場合は喪服で行ってもいいでしょう。

ここで通夜に参列する際の注意点について書いていきます。・「死因」は聞かない・なるべく長居はしない(御遺族の方への配慮のため)葬儀に参列する際にしてはいけない事について書いていきます。・通夜ぶるまいでお酒を飲みすぎて盛り上がる・通夜ぶるまいを断る・服装、メイクに配慮が足りない・居眠りをする・携帯の音を鳴らしてしまう当たり前の事だと思うかもしれませんが、これをできない人は非常識な人という印象を与えてしまいかねないので注意しましょう。

Copyright (C)2019故人との思い出 葬儀での通夜の在り方.All rights reserved.