誰もが参列したことのある葬儀いまさら聞けない冠婚葬祭のマナーで通夜に行くか行かないか?考えてみました。

故人との思い出 葬儀での通夜の在り方

葬儀に出る人は通夜にも行かないといけない?

先日、主人の叔父が亡くなり葬儀に参列する機会がありふと思ったことがあります。少し遠方にある主人の地元に行かないと行けなかったのですが、私も主人も仕事をしていたため、通夜から行くのか葬儀だけ行くのか?どっちも行かないといけないのか?と疑問に思った。結局、お互い仕事の都合がついたので通夜から行くことにしました。意外に知らない冠婚葬祭のマナー今さら人にも聞けず困ってしまいました。結婚して自分が家庭をもって初めての葬儀だったので、ましては主人側の親戚、どこまで配慮すればよいのか?子供もまだ1歳なってなく歩く手前だったので抱っこしておかないと行けない状態。私と主人以外は人見知りでほとんど何もできない状態でした。

急なことだったので、子供の洋服もなく通夜は家にあった地味な紺のトレーナーを着せていきました。私は以前購入していた喪服を着ていきました。主人は喪服というよりも黒のスーツしか持っていなかった為黒のビジネススーツでいきました。きっと今後、冠婚葬祭も増えていくので主人用の喪服は購入しておかないとと思いました。とりあえず通夜は、主人と交代で子供を抱っこしながら受付を担当し無事終えることができました。次の日の葬儀の前に近くの量販店で子供の喪服みたいな洋服を購入し葬儀に参列しました。葬儀に参列して香典の書き方や、包む相場の金額やマナーをまったく知らなかった私はと義母に教えてもらいました。今までいかに、自分の親に頼りきりだったのかっと痛感しました。

Copyright (C)2019故人との思い出 葬儀での通夜の在り方.All rights reserved.